肌に優しい!無駄毛の処理方法徹底解説

保湿ケアを意識しよう

肌にかかる負担を減らしながらムダ毛をケアをするためには、保湿を意識することが重要になってきます。肌の水分量が少ない状態でムダ毛処理を行うと、通常時よりも肌の赤みや腫れが強く出やすくなるからです。さらにムダ毛処理後の肌には目に見えない傷が多数できていて、そこから肌の水分が蒸発する可能性もあるので注意しましょう。ムダ毛処理を行ったら、最後にローションやクリームを肌に塗ることに加えて、毎日のスキンケアでも保湿成分が多く配合されているものを選ぶのがおすすめです。保湿成分にはコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などがありますが、分子が小さく加工されているものを選ぶことで、肌への浸透率を高めることが期待できます。

日焼け時はムダ毛ケアを控えよう

多くの脱毛サロンでは、日焼けの色が濃い時は施術を受けられません。これは業務用脱毛機が日焼けの黒色の成分であるメラニン色素に反応することが理由ですが、それに加えて日焼け時は肌が敏感になっていることも大きく関連してきます。日焼けは肌の表面が軽くヤケドしている状態で、わずかな刺激でも痛みや腫れが強まります。どうしても日焼け時にムダ毛をケアしたいと思ったら、SSC方式の業務用脱毛機でケアするのがおすすめです。SSC方式はムダ毛の再生を抑えるジェルを肌に塗って脱毛するのが特徴で、肌にかかる負担が少ないというメリットがあるからです。痛みが非常に少ない脱毛方法なので、肌が繊細な部分をケアするVIO脱毛も楽に進めることができます。

エステ、あるいは医療機関で全身のムダ毛を脱毛することを、全身脱毛といいます。依頼する場所によって、効果の永久性は別です。

© Copyright Treatment Methods Hair. All Rights Reserved.